忍者ブログ

しらべさんの360℃な世界観! すげ~ぇ、無責任な文録(ブログ)でごめんなさい。 ご来訪の際はぜひ、突っ込んでください。 コメを頂けると幸せです~♪

フリーエリア
プロフィール
HN:
しらべ
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/04/28
職業:
代表取締役平社員
趣味:
ゲーム(XBOX360)
自己紹介:
Xbox Friendsにて
360最前線のコミュニティーを
管理させていただいてます。
メンバーさん常時募集中!!
幅広い年代の仲間がいますよ~

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/17 King´]
[04/15 きなてん]
[04/15 storm173]
[04/15 カエティ]
[04/14 Nanayon]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幼年期に見たあの黄金時代のアニメ達
今の時代にあの時を彷彿とさせるものがない!
そこには、子供達に
夢があった!憧れがあった!未来があった!
事もあろうそんな青春時代をテレビと共に過ごして
きた世代だからこそ、今のアニメに
何も共感するものがない。
しらべさんも平たく言えば一昔前のオタクであります。
特撮物も好きだし、アニメも好きだ!
白黒放送のウルトラQ(再放送)に始まり現在に至るまで、
昭和の時代を生きてきました。
しかし、時代なのでしょうか?今のアニメ特撮を含む
テレビに何も、血沸き、肉踊り、心の中に響く物があるでしょうか?
寂しいかぎりです。


当時、アニメオタクと呼ばれている人達には、
アニメージュ・アニメディアの正統派
読者投稿型のふぁんろーど・月刊OUTの異端派
ふぁんろーど読者のローディストと月刊OUTのアウシタンは
当時のアニオタの金字塔でもあります。
ふぁんろーどは美少女イラストなどを中心に構成されて
月刊OUTはアニメパロディーネタを中心に構成されてました。
しらべさんは投稿こそしなかった読者ですが
月刊OUTの愛読者!世間からは隠れアウシタンと
呼ばれていたアニオタでした。
ようつべで、山本正之様を検索してたら、「アニメがなんだ」
を見つけて聞き入ってたら、なんか当時の事を
走馬灯の様に思い出しながら聞いてました。
最近ではエヴァンゲリオンが最後かな毎回放送を
待ちわびてたのは。
でも、最後の方はナニがナンダカ分からない内容になり
残念で仕方ありません~
あの、良き日のアニメ達よ永遠に!!

PR
生まれは関西、その後北陸で幼少期を過ごした後
また、高校卒業まで関西で過ごし就職で愛知県に
出てきました。
自分の実家は温泉街の観光地で工業系の職がなく
自動車関連の工業仕事にありつく為に愛知に来て
早、22年の歳月を迎えようとしております。
まず、一番最初に愛知に来てインパクトがあったのは
名古屋圏の食文化でした!
就職の面接のときに名古屋駅のホームの立ち食いで
食べた、きしめん!そして、その会社の社長に食べさせて
貰った、味噌カツと味噌煮込みうどん~
もう~しらべさんの胃袋をギュッとわしづかみ!!
この時点でもう、しらべさんの第二の故郷はこの土地だぁ!
と思ったのは言うまでもありません。

あぁ~今日ブログに書こうと思ってた事から外れてしまいました・・・
そんな、名古屋を代表するタレントに、つボイノリオさんという
現在CBCラジオでパーソナリティーをやりながら
シンガーソングライター(放送禁止歌手)のこの曲を聴けば
名古屋ってどんな所か分かるって言う歌を紹介します。

なんとなく、イントロの楽曲にピコンと反応した人は
かなりの通なお方です!
この曲をつボイノリオさんに提供してるのは
タイムボカンシリーズで声優さんやOP曲を歌ってる
山本正之さんです。しらべさんと同年代ぐらいの人は
子供の頃はこれを見て育った!と言っても過言ではありません。


他に山本正之さんの代表曲は



2005年Ver 唄うはもちろん、水木の兄貴です~
というより、おなかのお肉が崖っぷちのポニョのメタボ体型
を気にしているしらべさんですが・・・
今や、一躍メジャーな存在になった藤岡藤巻の

(崖の上のポニョ)

もともと、まりちゃんズ(藤岡さん尾崎さん藤巻さん)のトリオで活動していた
フォークバンドで、発表する曲の多くが放送禁止になるという
まぁ~色物系の歌を唄ってたバンドなんですね~

(おざきんちのばばあ)

藤岡藤巻さんが現在、親父エンターテイメントと称して
世のオヤジたちのための応援歌?を唄って鋭意、活動中!

(息子よ)


(親父の心に灯った小さな火)藤岡藤巻with里田まい

などの哀愁漂うオヤジの歌に思わず「うん、うん」と
頷いてしまった、そこの君!!オヤジワールドにようこそ~
地道な活動をしていた藤岡藤巻さんのご家庭では娘さん達から
軽蔑されていたのが宮崎アニメの主題歌を歌われてからは
ほんの少しだけ見直されたらしです、ほんの少し・・・
まぁ~オヤジ達も希望は捨てずにガンバレって思いましょうよ!

Designed by 桜花素材サイト